小型船舶操縦士免許専門教室

ボートのこと海のことをしっかり見につけたい方のための初心者を中心とした講習です。
国家試験受験を目指す方を対象としています。
お忙しい方のために学科は自宅学習も選択できます。

操縦を楽しみながら免許取得しましょう。
学科、実技ともに受講生の適正を考えたきめ細かい指導で、全員合格へ導きます!
5名以上の仲間が集まれば、学科講習は特別日程での開催や出張講習もできます。

1級
総トン数20トン未満のボート、または全長24メートル未満のレジャーボートを範囲無制限で操船できるライセンスです。
2級
総トン数20トン未満のボート、または全長24メートル未満のレジャーボートを海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域で操船できるライセンスです。
二級から一級へ進級
2級小型船舶操縦士免許から1級小型船舶操縦士免許へ進級するコースです。

講習内容

学科講習
小型船舶操縦のための基本的な規則や安全に関する知識、船の点検や取り扱いについて学習します。
二級免許は一般のみ、一級免許は一般と上級の講習を受けていただきます。
実技講習
アルパライセンス所有のボートを使用して実際に操船や点検、ロープワークなどについて学習します。
身体検査
視力、色覚、聴力に問題がないか検査します。視力は両眼とも0.5以上(矯正可)、色覚は夜間において船舶の灯火の色を識別できる必要があります。聴力は5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができる必要があります。(補聴器可)
片眼の視力がが0.5に満たない場合は見えるほうで視野が150度以上あれば可。詳細は試験機関の身体検査基準をご覧ください。